Topページ ごあいさつ当院について 料金・施術内容 アクセス診療時間 ご予約 お問い合わせ 美容鍼 鍼灸整体 姿勢矯正 産後骨盤矯正 マタニティ 妊活鍼灸 こども整体 外反母趾矯正 交通事故治療 猫背整体 肩こり整体 腰痛整体 鍼灸整体 ソフト骨格矯正 小児鍼 交通事故施術 プライバシーポリシー

腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方へ腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

腰部脊柱管狭窄症とは

背骨の中にある脊柱管と呼ばれる空洞が狭くなり神経が圧迫されることで症状が発生、誘発されるものを言います。

この脊柱管は背骨、椎間板、関節、靭帯などに囲まれた神経が通る空洞のトンネルで背骨の変形や椎間板が膨らんだり、黄色靭帯が肥厚することでこのトンネルが狭くなり発症するケースが多いです。

腰椎椎間板ヘルニアと類似する点も多い症状ですが腰部脊柱管狭窄症の方が中高年世代に多く発症することが多いです

 

腰部脊柱管狭窄症の症状

間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれる症状が特徴です。

間欠性跛行とは、歩いているとだんだん足が痺れてきたり痛みが出たりします。

また、前屈(前かがみ)の姿勢や座って休むことで痺れや痛みが治まってくるのも特徴です。

 

脊柱管狭窄症は3つのタイプに分類されます。

①神経根型

神経のライン(デルマトーム)に沿って症状が出ることが多く主に腰~下肢にかけて痛みや痺れが出るのが特徴です。

左右両側の場合もあるが、ほとんどが片側に症状が出る場合が多いです。

腰を反らせた時に症状が増悪し、前かがみになると症状が軽減されることが多いです。

 

②馬尾型

神経根型とは違い、両側に痛みや痺れがみられる範囲も広範囲に及びます。

①の神経根型より症状は重篤です。

腰~下肢の症状以外に、排尿や排便などの内臓系の症状も併発することもあります。

 

③混合型

①と②のどちらの症状もみられるタイプを言います。

 

 

注意するべきこと

体を反る姿勢をとると症状が増悪するので普段の生活で無理に体を反らせたりするのは意識的に注意していただく必要があります。

また、運動することは体を良くする上でとても大切ですが無理な運動は症状を悪化させる恐れがあります。

 

例えば腰だから腹筋や背筋運動をするのは間違いです。

上記に述べた体を反る動作は症状を増悪させるため注意が必要なのとそもそも痛みがあって無理な運動は危険です。

 

上本町鍼灸整骨院での腰部脊柱管狭窄症治療

正しい姿勢を保つことが大切です。

神経の圧迫は腰を反ると増悪し、前かがみになると減弱するので歩く時に杖をついたり、シルバーカーを押してみては?と提案されることもあるとよく聞きます。

 

しかし、それだけでは症状の進行は止めることができません。

 

上本町鍼灸整骨院では

 

鍼治療:腰や下肢の筋肉の緊張を緩めることで腰にかかる負担を軽減します。

 

整体関節の正しい可動域を専門的に動かしたり調整することで無理なく関節の動きをつけることができます。

また、正しい姿勢を保ちやすくなります。

 

楽トレ:インナーマッスルを鍛えるのに特化した施術になります。

痛みや痺れがあり、なかなか自分で歩いたりトレーニングは難しい症状です。

この施術では30分寝ているだけで、腹筋9000回分の筋収縮を行いますので無理な負担なく鍛えることができます。

インナーマッスルが鍛えられることで腹圧が安定し歩ける距離や、痛みや痺れも軽減させることが可能です。

 

正しい手順と根本的な体の機能を向上、回復させることであなたの生活の不安が少しでも減るように当院では全力で施術させて頂きます。

 

大阪市天王寺区で腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方は上本町鍼灸整骨院までご相談下さい。

 

 

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『大阪で猫背などを矯正する姿勢矯正を

お探しの方は上本町鍼灸整骨院・整体院』へ

 

姿勢矯正ページ  TOPページ  ご予約ページ  お問い合わせページ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町11-3

大阪市天王寺区×骨盤矯正
大阪市天王寺区×整骨院接骨院
大阪市天王寺区×鍼灸(はりきゅう)
【2016年11月時点】
お気軽にご連絡ください
電話予約 電話予約

お問い合わせはこちら