Topページ ごあいさつ当院について 料金・施術内容 アクセス診療時間 ご予約 お問い合わせ 美容鍼 鍼灸整体 姿勢矯正 産後骨盤矯正 肩こり 腰痛 マタニティ 妊活鍼灸 こども整体 外反母趾矯正 交通事故治療 猫背矯正 肩こり整体 腰痛整体 ソフト骨格矯正 小児鍼 プライバシーポリシー

不眠解消のための2つのホルモンとは?不眠解消のための2つのホルモンとは?

不眠や睡眠不足で
お悩みのあなた。

 

毎日睡眠の質が悪いと疲れが取れなかったり
頭もスッキリしませんよね。

 

この記事では
不眠解消のために重要な2つのホルモンについて書いております。

 

不眠を解消したり
睡眠の質を向上させたい方
このままこの記事をお読み下さい。

 

2つのホルモンとは?

 

不眠ホルモン

 

不眠解消には大切なホルモンが2つあります。

セロトニンとメラトニンというホルモンです。

 

この2つのホルモンは生体リズムの調整にとても重要な役割を果たしています。

 

日中に太陽の光を浴びることで
セロトニンが作られます。

 

セロトニンはホルモン分泌が
日中多く夜間に少なくなる傾向にあります。

 

このセロトニンを原料として
メラトニンというホルモンが作られます。

 

メラトニンは日中少なく夜間に多くなる。
催眠作用があり、このホルモン分泌が増えることで
スムーズな入眠と質の良い睡眠に繋がります。

 

2つのホルモンを活かす方法は?

 

不眠解消

 

この2つのホルモンを活かすには
少しのコツで大丈夫です。

 

それは日光を浴びることです。

 

日光を浴びることでメラトニンが抑制され
セロトニンが活性化されます。

 

その結果日中は活動的で
夜になると自然と眠りやすい
サイクルができます。

 

外に出るのが難しかったり面倒臭い場合は
カーテンを開けて窓から入ってくる太陽光でも
大丈夫ですし、曇りの時でもOKです。

 

また反対に生かしにくくなることもあります。

 

睡眠前にスマホやパソコンなどの
ブルーライトを浴びてしまうと
メラトニン分泌が抑制されてしまいます。

 

その結果入眠しにくくなったり睡眠の質が低下してしまいます。
また朝スッキリ起きるのが難しくなってしまいます。

 

対策方法としては
暗い部屋で寝て頂くのがベスト。
入眠3時間前から部屋を少し暗くしておくと
質の良い睡眠を得られやすくなります

 

メラトニンが不足すると糖尿病の発生率が
高くなるというデータが報告されています。

 

不眠解消の2つのホルモンは
生活習慣病にも関わっているということが言えます。

 

まとめ

 

まとめ

 

  • 不眠解消には2つのホルモンが大切です。
  • 日中に日光を浴びることが大切です。
  • 寝る前のパソコンやスマホは睡眠の質を低下させてしまう恐れがあります。
  •  

    いかがだったでしょうか?

     

    不眠解消に大切な2つのホルモンについては
    ご理解頂けましたか?

     

    日々の生活を少し意識するだけで
    睡眠の質は確実に向上しますので
    不眠で悩んでいる方は
    参考にしてみて下さい。

     

     

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    『大阪で結果がでる鍼灸整体を

    お探しの方は上本町鍼灸整骨院・整体院』へ

     

    鍼灸整体ページ  TOPページ  ご予約ページ  お問い合わせページ

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

     

    〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町11-3

    大阪市天王寺区×骨盤矯正
    大阪市天王寺区×整骨院接骨院
    大阪市天王寺区×鍼灸(はりきゅう)
    【2016年11月時点】
    お気軽にご連絡ください
    電話予約 電話予約

    お問い合わせはこちら