Topページ ごあいさつ当院について 料金・施術内容 アクセス診療時間 ご予約 お問い合わせ 美容鍼 鍼灸整体 姿勢矯正 産後骨盤矯正 肩こり 腰痛 マタニティ 妊活鍼灸 こども整体 外反母趾矯正 交通事故治療 猫背矯正 肩こり整体 腰痛整体 ソフト骨格矯正 小児鍼 プライバシーポリシー

頬のたるみをとるために今日から3つの習慣を意識してみましょう!頬のたるみをとるために今日から3つの習慣を意識してみましょう!

頬のたるみでお困りのあなた。

 

頬のたるみ改善のためにマッサージやセルフケアを頑張っているが
なかなかたるみを解消させるのは難しいですよね?

 

実は頬のたるみは日々の習慣にかなり影響を受けます。

 

この記事を読むことで
頬のたるみをとるために必要な習慣が分かります。

 

頬のたるみを解消させたい方はこのまま読み進めていって下さい。

 

頬のたるみをとる習慣とは?

 

頬のたるみは日々の習慣で改善したり予防できたりします。

その理由は頬のたるみの原因が顔だけではなく全身の影響を受けているからです。

では具体的に頬のたるみをとる習慣についてお話させて頂きます。

 

主に意識して欲しい習慣は3つあります。

 

姿勢を意識する

 

 

などの悪い姿勢は頬のたるみと関係します。

 

体は筋膜や皮膚で全て繋がっているため
姿勢が悪くなることで顔にまで影響を及ぼします。

 

さらに姿勢が悪いと血流も悪くなってしまうため
顔に流れ込む血液の質も低下してしまいます。

 

姿勢を意識するポイントは2つです。

 

座り姿勢

・座っている時に足を組んでいることに気付いたら足を元に戻しましょう。
・座っている時に姿勢が悪いと感じたら1度立って頂き座り直しましょう。

 

座り方に関してはこの2点を気をつけましょう。

 

立ち姿勢

・立っている時はなるべくお尻の穴を閉めるように意識しましょう。
・頬がたるんでいる人は足の小指側に体重が乗っていることがあるので気をつけましょう。

 

立ち方に関してはこの2点を気をつけましょう。

 

紫外線を対策する

 

 

紫外線も頬のたるませる原因の1つです。
紫外線を浴びると活性酸素が発生し肌の弾力が失われてしまいます。

 

肌の弾力が失われることで表情筋の筋力低下が起きやすくなり
頬のたるみに繋がってしまいます。

 

また紫外線は肌を乾燥させるのでそれも注意が必要です。

 

1年を通した日焼け対策と保湿を習慣化させ紫外線に負けない
肌の基盤を作りましょう。

 

ストレッチ

 

 

体の柔軟性の低下は頬がたるむ原因になります。
柔軟性が低下することで全身の筋肉が硬くなり縮んでしまいます。

 

体の影響はもちろん顔とも連動しますので
たるみやすい頬になります。

 

簡単な対策としてはストレッチをして頂くことが有効です。

時間がなくてストレッチをする時間が取れない方は

せめてアキレス腱だけでも伸ばしておいて下さい。

 

ストレッチのやり方は、体育の授業で行なっていたもので結構です。
足を前後に出して後ろ側の足のアキレス腱を伸ばすような方法で効果的です。

 

時間的には30秒程でお風呂上がりに行って頂くと
効果的ですので、これだけは是非やってみて下さい。

 

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか?
頬のたるみをとるために気をつけなければいけない習慣はご理解頂けましたか?

 

日々の習慣が全て頬のたるみに関わってきますので
今から気にするだけでもたるみには効果的です。

 

今回紹介させて頂きました習慣はすぐに日常に取り入れれるものになりますので
頬のたるみが気になる方は是非チャレンジしてみて下さい。

 

もし少しでも早く頬のたるみを改善させ、再発を防ぎたいなら上本町鍼灸整骨院の美容鍼を1度受けてみて下さい。

 

あなたのたるみに関する悩みが減ってより楽しく毎日を過ごせることを願っております。

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『大阪で結果がでる美容鍼を

お探しの方は上本町鍼灸整骨院・整体院』へ

 

美容鍼ページ  TOPページ  ご予約ページ  お問い合わせページ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町11-3

大阪市天王寺区×骨盤矯正
大阪市天王寺区×整骨院接骨院
大阪市天王寺区×鍼灸(はりきゅう)
【2016年11月時点】
お気軽にご連絡ください
電話予約 電話予約

お問い合わせはこちら