Topページ ごあいさつ当院について 料金・施術内容 アクセス診療時間 ご予約 お問い合わせ 美容鍼 鍼灸整体 姿勢矯正 産後骨盤矯正 マタニティ 妊活鍼灸 こども整体 外反母趾矯正 交通事故治療 猫背整体 肩こり整体 腰痛整体 鍼灸整体 ソフト骨格矯正 小児鍼 交通事故施術 プライバシーポリシー
交通事故後のムチウチ症の症状と分類

交通事故で多いムチウチ症の症状と分類

交通事故で多いのがムチウチ症になります。

実はムチウチ症にも種類があり、ムチウチの種類により症状や治療方法も異なりますのでいくつかをご紹介していきます。

 

 

(1)頸椎捻挫型(けいついねんざ)

一般的なムチウチ症の7割を占めているのがこの頸椎捻挫型になります。

 

【症状】

頚椎捻挫型の場合は、レントゲンなどの画像診断などで頚椎に骨折や脱臼などの異常がないにも関わらず首や肩に痛みがあり、特に首を動かすと痛みが強く出る傾向があります。

 

その他の症状として、眩暈頭痛(ズキズキと痛む)吐き気視力低下倦怠感

などといった自律神経症状が発生する方も多いです。

 

急性期(事故直後から1か月程度)には交通事故によってダメージを受けた首に炎症が発生していますので、自分でストレッチやマッサージなどを行うと症状を悪化させる危険性がありますので注意しましょう。

 

セルフケアとして固定や熱感がある箇所を冷やして安静にして、治療を併用して行うのがとても効果的です。

 

急性期の炎症が治まってきたら、急性期で安静にしていた箇所はどうしても動きが硬くなってしまっていることが多いです。

この時期からは運動やストレッチなどが効果的になります。

 

 

 

(2)神経根症状型

頸椎(首の骨)の間から腕や指先に行く神経の根があります。

交通事故の衝撃が原因で神経の根本が傷ついたり、圧迫されることで神経根症状(しびれ、感覚異常)が起こりやすくなります。

 

骨と骨の間のクッション材(椎間板)が交通事故による衝撃でゆがみ、その周辺の神経組織が圧迫されてしまいます。

それが原因で椎間板ヘルニアになる方もいらっしゃいます。

 

【症状】

左右どちらか片側の腕や指先のしびれ痛み違和感感覚が鈍くなるのが主な症状です。

また、首や肩を動かしていなくても、首を後方や左右に向けた時に痛むことがあります。

 

治療法としては首の牽引や電気治療、筋肉を緩める治療で血流を良くすることです。

急性期や熱感がある時はアイシングや安静にしておくことが良いでしょう。

 

 

 

(3)バレリュー症候群型

交通事故の衝撃で首の後ろを走る交感神経が傷ついて起こります。

その結果、椎骨動脈(脳に流れる血管)が収縮して椎骨動脈周囲にある神経が興奮することで脳や脊髄の血流が低下し自律神経のバランスが崩れさまざまな症状を引き起こします。

 

【症状】

首や肩の痛み以外にめまい吐気耳鳴り難聴眼精疲労全身倦怠感など

自律神経失調の症状が出ます。

 

また自律神経へのダメージ(交感神経損傷)もみられるため心因的ストレスが受けやすくなるとも言われています。

 

バレリュー型でも、頚椎捻挫型と同じく画像検査による異常所見が見られないためその場では症状を見落としてしまうケースが多くなります。

またその症状から、血液検査や尿検査でも異常がみられません。

 

基本的な治療法は、頚椎捻挫と同じような感じですがそれ以外では「星状神経節のブロック」という方法があります。

 

星状神経節ブロックは、整形外科など病院での治療方法になりますが、神経節周辺に局所麻酔剤を注射することで交感神経節の働きを軽減させて症状を改善させるという治療法です。

また、鍼灸治療も有効とされており効果を発揮します。

 

 

 

(4)脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)

交通事故の衝撃で首の脊髄内に一時的に強い圧力がかかることで髄液を包んでいる硬膜が損傷し、そこから継続して髄液が漏れ続けてしまう症状です。

 

交通事故で発症する脳脊髄液減少症は、脳脊髄液漏出症に分類されます。

 

【症状】

頚椎捻挫とは違い、激しい全身症状を伴うケースもあります。

また、脳脊髄液減少症特有の症状として「起立性頭痛」があります。

これは、立ち上がったときに髄液が減少するため脳が垂れ下がった状態となってしまい

頭蓋骨の底の部分に異常な圧力がかかることで激しい頭痛が発症するという症状です。

横になることで頭部の圧力が正常に戻るため頭痛がおさまるケースもあります。

 

また、この他にもめまい、はきけなどの自律神経症状や全身の倦怠感などの症状が発生する場合もあります。

 

万が一これらの自覚症状が発覚したら、脳のMRIなど状態を細かく検査する必要があります。

また、治療法としては、主に3つの段階があります。

 

ステップ1:保存療法

1日1L~2Lの水分を摂取しつつ、約2時間程度(時間はケースによって異なる)安静にした状態でベッドに横になることで改善がみられるケースがあります。

 

ステップ2:ブラッドパッチ治療(硬膜外自家血注入療法)

血液が固まる性質を利用して硬膜から髄液が漏れ出ている部分を塞ぐという治療法です。

 

ステップ3:アートセレブ(人工髄液)

ブラッドパッチ療法で効果がなかったり、そもそも髄液の漏れ出ている箇所がMRI検査や

CTミエログラフィーなどによっても特定できない場合は漏れている箇所を塞ぐのではなく、アートセレブ(人口髄液)を髄注する髄液補充治療を行うこととなります。

 

 

 

(5)脊髄症状型(脊髄損傷)

脊椎が交通事故による骨折、脱臼が原因で脊髄の中枢神経を損傷することで発症します。

最悪の場合、自力での歩行が困難になったり損傷箇所から下の全機能が喪失したり、呼吸困難を引き起こす危険性もあります。

 

【症状】

損傷の度合いによっても異なりますが主にしびれ麻痺症状を引き起こします。

脊髄が損傷すると、脳から正常に命令が伝わらなくなるため呼吸器循環器泌尿器などの障害を引き起こします。

 

自律神経にも異常が発生して日常生活が困難になるケースもあります。

 

なお、脊髄は治療したり再生することが極めて難しいため、基本的には継続したリハビリや、損傷箇所の手術、装具による固定などが考えられます。

 

 

 

上本町鍼灸整骨院でのムチウチ症治療

 

当院ではこのようなムチウチ症に対して症状にあった施術を行います。

主に筋肉の緊張の緩和や歪んでしまった頸椎(首の骨)のバランスを整え血流を促します。急性期には早期に改善を行う為、鍼灸治療、筋肉の異常などや炎症を早期に改善させるハイボルテージといった特殊な方法で辛いムチウチ症の痛みを取り除きます。

 

また、鍼灸治療は筋肉や血流だけではなく自律神経症状にも効果を発揮します。

めまい、耳鳴り、吐き気などの症状がある際にも鍼灸治療をすることにより早期改善を行います。

 

大阪市天王寺区で交通事故後のムチウチ症でお悩みの方は上本町鍼灸整骨院までご相談下さい。

 

〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町11-3

大阪市天王寺区×骨盤矯正
大阪市天王寺区×整骨院接骨院
大阪市天王寺区×鍼灸(はりきゅう)
【2016年11月時点】
お気軽にご連絡ください TEL. 06-6777-5518 お問い合わせはこちら